鍼灸の保険治療

保険で鍼灸治療を受けるには


  • これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせください。

  • 鍼灸院で同意書用紙をもらいます。

  • 同意書をかかりつけの医師、病院などに持参し、必要事項を記入していただきます。

  • 同意書と保険証を持って鍼灸院へ行きます。

  • 保険で鍼灸治療が受けられます。

  1. 同意書用紙は当院にあります。
  2. かかりつけの医師がいないなど、同意書が入手できない場合は、当院にご相談下さい。
  3. 同意書と同じ病名で病・医院と鍼灸院で同時に治療は受けられません。
  4. 一度の同意で治療が受けられる期間は概ね3ヶ月間です。その後、3ヶ月毎に医師より同意の確認が得られれば、継続してはり・きゅうの治療を受けることができます。(その際に必要な文書は当院で用意します)
  5. 後日、申請書に署名・捺印が必要です。

注記)鍼灸の保険治療につきましては、保険者(※)によって対応が異なる場合があります。保険治療希望の方は、ご加入の保険者に取り扱い手順についてご確認下さい。
※「保険者」とは、健康保険事業の運営主体をさしています。
※保険者から紹介状等が届くことが有ります。ご自身で書くことが難しい場合は当院までお待ち下さい。

保険で受けられる傷病名


  • 神経痛

    顔、腕、腰、足など神経に沿って痛む。例えば、坐骨神経痛、肋間神経痛など


  • リウマチ

    手首や肘、膝、足首など、各関節が腫れて痛むもの


  • 腰痛症

    腰が痛む、腰が重い。例えば、変形性脊椎症や脊柱管狭窄症など


  • 五十肩

    肩が痛くて、腕が上がらないもの


  • 頚腕症候群

    頚、肩、腕の痛みやしびれ、だるさなど


  • 頚椎捻挫後遺症

    頚の外傷、むちうち症などの後遺症に

  • その他

    慢性的な痛みのある疾患で保険者が認めたもの。例えば変形性膝関節症など。


健康保険以外で取り扱える保険

  1. 生活保護法(生保)の医療扶助

    保護を受けている福祉事務所で、はり・きゅうを希望し「保護変更申請書」を受け、「生活保護法による施術費給付承認書」が交付されると、はり・きゅうの保険と同じようにかかれます。

  2. 労働者災害補償保険(労災)

    労災規定の診断書を医師より受け、勤務先で請求書に必要事項を記入されると、病・医院と同時にはり・きゅうを受けることもできます。

  3. 自動車損害賠償責任保険(自賠責)

    損保会社などに、はり・きゅうを受けたい旨を連絡し、当院にご相談下さい。

厚生労働省:保険治療について

院のごあんない